5冊の良い習慣を身につけるための本【習慣化書籍のおすすめ】

習慣化がテーマのビジネス書

何かを成し遂げる上で習慣化ほど心強い味方はありません。継続は力なりという言葉のとおり、日々の積み重ねこそが大きな成果に結びつきます。何か新しい能力を身につけるにしても、目標を達成するにしても、鍵は習慣化できるか否かにかかっています。

そこで習慣化するために役立つ本のおすすめを紹介していきたいと思います。特に大きな成果を残したいビジネスパーソンをはじめ、自己実現を目指す全ての人が良い習慣を身につける助けとなるでしょう。

1. 走ることについて語るときに僕の語ること

走ることについて語るときに僕の語ること

習慣化を生活に取り入れることの重要性がわかるのが村上春樹さんの走ることについて語るときに僕の語ることです。村上さんは長編小説・短編・翻訳など幅広い分野で圧倒的な生産性を見せる世界でも有数の作家として知られています。

その質・量ともに抜きん出ているのは、毎日規則正しいリズムで執筆を継続しているからだと言います。その作家生活や趣味のマラソンなど、まさに習慣化がキーとなる生活について綴られたエッセイ本。本書に詰まった習慣の秘訣は読者の生活にも応用可能なものばかりです。

2. 7つの習慣

7つの習慣

全世界で4000万部以上を売り上げてきた7つの習慣では、時代や環境に左右されない人格を育む習慣が解説されています。これらの習慣は短期間で身につくものではなく、毎日意識することで長期的に大きな成果を生むものです。

第1の習慣で紹介される「30日間テスト」で自分との約束を果たすという項目は、読者の習慣化に大きく貢献することでしょう。特にビジネスパーソンにとっては必読のビジネス書です。漫画版なども読みやすい上に内容もしっかりしているのでオススメです。

3. やり抜く人の9つの習慣

やり抜く人の9つの習慣

やり抜く人の9つの習慣はモチベーションや目標達成をテーマとした研究がもとになっているビジネス書です。目標達成するための習慣が、成功者に共通して見られる点をベースに解説されています。

三日坊主や飽き性な人にとっては、長期的に大きな成果を残すためにこのような習慣を味方につけることが重要です。具体的な目標設定の方法やくじけそうなときに踏ん張るコツ。そのような習慣が9つ紹介され、各章の終わりには今すぐ始められることがToDoリストになってまとめられています。

4. 億を稼ぐ積み上げ力

億を稼ぐ積み上げ力

億を稼ぐ積み上げ力は、特別な才能があろうがなかろうが圧倒的に成果を残すためには日々の積み重ねが必要で、その努力のためには習慣化が欠かせないという事実を教えてくれるビジネス書です。普通の会社員や「ニート」が自分の手で年収数千万円を稼げるようになるまでの道のりが示されています。

著者のマナブさんはブログを生業にしているので、まさに継続こそが成功の鍵になる分野で活躍している方です。「朝起きて一番に取りかかり、終わるまで止めない」というシンプルな習慣のルールとともに、著者の経験に基づく積み上げの知見が惜しげもなく披露されています。

5. 3週間続ければ一生が変わる

3週間続ければ一生が変わる

良い習慣形成のアドバイスが得られる良書に『3週間続ければ一生が変わる』も挙げられます。著者は「リーダーシップ」や「自己発見」などに関する世界的権威のロビン・シャーマです。新たな習慣を身につけるには「21日間」かかるという具体的な基準を示した本として有名です。

人間は誰しも変化を嫌い、新しい習慣の継続をやめてしまいます。しかし本書では自己実現のための目標達成術から時間管理術まで、小さな習慣づくりから一生を変えるためのアドバイスが101項目も詰まっています。著者が主張する通り、これらの指針に基づいて「行動をしなければ変わらない」ということを教えてくれる一冊です。

まとめ

大きな成果を残すためには毎日コツコツと積み重ねることが重要です。一朝一夕で身につく能力や残せる成果は、逆に言えば誰にでもできてしまうものです。

毎日の継続のためには習慣化が必須であり、そのコツはすでに紹介したような書籍で体系化されているので参考にしない手はありません。ぜひ上記の本を参考に実際に行動に移し、良い習慣を身につけていきましょう。

それでは楽しい読書ライフを!