Amazonで状態の良い中古本を選ぶ4つのコツ

Amazonで買った中古本

Amazonで状態の良い中古本を選ぶコツを解説します。

「本を安く買いたい」
「もう普通では手に入らない絶版本が欲しい」

そんなときに便利なのが中古本ですよね。一方で中古本にはこんな不安もあると思います。

「本の状態がひどいのでは…」
「本当にちゃんと届くかわからない…」

そんな不安を解消すべく、Amazonでできるだけ質の良い中古本を選ぶコツをまとめました。また、これまで本は新品以外買ったことがないという人に向けてAmazonの中古本の魅力も伝えたいと思います。

Amazon中古本の魅力

Amazon中古本の魅力① 低価格で手に入る

やはり中古本最大の魅力は、新品よりも低価格で買える点にあります。最新の流行の本や、希少な本を別にすれば、Amazonの中古本はかなり安いものが見つかります。

特に文庫本などは数十円、場合によっては1円で販売されていたりもします。数千円とする書籍が数百円程度で手に入ることもざらにあります。

たいていは数百円の配送料が追加されますが、それでも十分に安く本を手に入れられるのです。

Amazon中古本の魅力② 絶版となった本が買える

お金を払ってもなかなか見つけることができないのが、すでに絶版となってしまった本です。そのような希少価値のある本がAmazonでは出品されています。Amazon本の在庫の豊富さは有名ですが、新品だけでなく中古の商品数もかなりのものです。

ニーズの高い絶版本はプレミア価格が上乗せされ、元の本体価格よりも値段が高騰している場合もありますが、自分が喉から手が出るほど欲している本に関しては値段は問題ではないという人もいるでしょう。

「もう手に入らない」と諦める必要も、古本屋を駆けずり回る必要もあります。Amazonで検索するだけで、その絶版本は見つかるかもしれません。

▽ちなみに絶版本を読む方法として国立国会図書館の複写サービスを利用するものおすすめです▽

関連記事

読みたい本があるけど、もう絶版になってしまって手に入らない... でもなんとか読みたいし、手元に保存しておきたい... そう思ったことはありませんか? 実はその悩みは、国立国会図書館の遠隔複写サービスを使うことで解決できま[…]

国立国会図書館の遠隔複写サービス利用の到着書類

Amazonで中古本を選ぶ方法

そもそもAmazonでは新品しか買わない(買えない)と思っている人もいるでしょう。基本的に新品の本は、Amazonが販売・発送をする場合がほとんどです。しかし別の出品者からより安く提供されている商品もあります。

商品ページに「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」と書いてある本は、一般書店で売っている通りまったくの新品が届きます。

Amazonの新品を見分ける方法

一方でページ少し下の「Amazonの他の出品者」というところから、中古・新品ともに別の選択肢を見ることができます。

Amazonで中古を探す方法

Amazonの1円本ってどうなの?

Amazonの中古本の出品を見るとわかりますが、1円で売られている本がけっこうあります。Amazonを使い慣れている人は見たことあるのではないでしょうか。

「1円って怪しくない?」

「何か裏があるのでは?」

そう思っていませんか?実はAmazonの1円本も普通の商品です。Amazonが定める販売可能な状態の商品を出品しているはずですし、出品者にも利益が出るようになっています。

そのカラクリは、1円の商品価格にも数百円の送料が別途かかるのです。その全体の値段を考えて出品者には赤字にならないようになっています。なので1円本も実際には数百円という値段が付きます。

際に1円の中古本と22円の中古本を買ったときの状態を見比べてまとめたので、興味がある方は確認してみてください。

関連記事

Amazonで興味のある本を見ていると、中古の本が1円で売られているのを見たことはありませんか?そして実際に買ったことのある人はどれくらいいるでしょう?今回はAmazonの1円本を徹底レビューします。 [caption id="att[…]

Amazonの1円本の比較

Amazonで状態の良い中古本を選ぶ方法

それではAmazonで状態の良い中古本を探すコツを紹介していきたいと思います。新品の商品がない場合は、Amazonの商品画面で、中古本がデフォルトで選ばれています。しかし、最初に選ばれている商品が良いとは限りません。複数の出品があれば、しっかり各中古品の中身を見て選び抜きましょう。

選ぶポイントは「状態区分」「コンディション説明」「販売元」「値段」です。一つずつ解説していきます。ちなみにこの中古品を選ぶ基準は完全に個人の主観ですので、その点ご了承ください。

Amazonの中古本を選ぶコツ① 本の状態を確認する

コンディション説明

まずはAmazonの中古本には状態区分が5等級に分類されています。公式に「本のコンディションガイドライン」として明記されている各状態区分の説明は以下のとおりです(わかりやすく簡潔化していますので、詳しくはこちら)。

【Amazonの本の状態区分】
・「新品」:未使用で完全な商品。
・「ほぼ新品」:ほとんど読まれた形跡がない完全な状態の商品。
・「非常に良い」:使用されているが、非常にきれいな状態の商品。ページも完全な状態で、書き込みや線引きがない商品。背表紙にも傷がない商品。
・「良い」:使用されていても、きれいな状態の商品。ページとカバーが完全な状態で(該当する場合、ダストジャケットも含む)、背表紙に多少の傷が見られる商品。半分以下のページに書き込みや線引きがある商品。蔵書印が付いている商品。
・「」:文字が問題なく読める状態の商品。

おすすめは「良い」以上です。「ほぼ新品」はもちろんですが、「良い」や「非常に良い」だと、ある程度質の担保された中古本が届く印象です。

「可」でも普通に読める状態のものは手元に届くはずなので、どうしても手に入れるのが難しく「可」しか選択肢がない場合は仕方ないですが。

普通に読める状態のものが手元に届く根拠としては、出品不可な商品として「かびている、ひどい染みや臭いがある、汚れている、ページ数が不足している商品」とAmazonが規定しています。もしそのような「出品不可」商品を提供している出品者がいても、かなりレビューや評価が低くなるはずなので、避けることができるはずです(レビューや評価については後述します)。

この「本の状態」ですが、出品者によって基準は異なるというのが正直な印象です。出品者Aの「非常に良い」よりも出品者Bの「良い」の方が綺麗だったりすることもあります。

なのでこの本の状態はあくまで目安として確認し、次に紹介するコンディションの詳細説明をしっかり読みましょう

Amazonの中古本を選ぶコツ② 本のコンディション説明を読む

コンディション説明の詳細

本のコンディション説明の詳細が、本の状態と併記されています。このより細かな商品説明こそ、中古品を選ぶ決め手になるとも言えます。

【中古本コンディション説明の一例】
「帯あり・ページは良好な状態です・カバーに多少の使用感や擦れがあります」

これは状態「良い」の中古品のコンディション説明です。一冊ずつ丁寧に本のコンディションを記述してくれる出品者もあれば、「非常に良い」「良い」などの状態ごとに同じ文言を記述している場合もあります。

中古品の特徴として「傷、折れ、擦れ、シミ、やけ」や「帯の有無」、「書き込みの有無」などがあります。どれを許せるかというのは個人によりますが、ぼくの場合は、折れや帯の有無などは気にしません。シミや書き込みがありそうなものは避けています。

このコンディション説明で全てがわかるわけではありませんが、ここで手元に届く本のだいたいのイメージが掴めます。複数の出品と比較して、自分の中で「一番許せるもの」を選びましょう

中にはコンディション説明部分に商品画像を載せてくれている出品者もいます。

コンディション説明 (商品画像付)

Amazonの中古本を選ぶコツ③ 販売元の評価を確認する

販売元と評価

まずはレビュー数に着目します。レビュー数が数千~数万以上くらいあれば、実績がある販売元なんだなと思えます。さらに評価の星が4.5以上になっていれば、かなり安心できるでしょう。

販売元の名前を選ぶと、具体的なレビューや評価の詳細を見ることができます。評価は「肯定的」「普通」「否定的」の3つの区分で分布が示されています。「肯定的」に95%以上「否定的」に1~2%以下の場合は、かなり多くの人が満足していると言えるでしょう

評価の詳細

一方でレビュー数がそれほどない場合でも、評価が5つ星に近ければ検討の余地ありです。レビュー数が100以下のような場合はちょっと躊躇しますが、数百くらいのレビュー数でもほぼ全員が「肯定的」と評価している場合は、けっこう信頼できるのではと思います。

Amazonの中古本を選ぶコツ④ 値段を見る

もちろん値段を見ることも重要ですが、「高ければ状態が良い」「安ければ状態が悪い」というわけではありません。本の希少価値などによって値段は左右されるので、値段だけ見て本の状態を推測するのは困難です

まったく同じような本の状態の説明が書いてある場合は、値段が低い商品を選んでお得に手に入れるのがおすすめです。ただ本の状態が異なるのに、少ししか値段が変わらない場合は、状態の良いものを選びたいです。

例えば「良い」50円と「非常に良い」100円があったら、「非常に良い」100円を選んだ方が、良い結果になるというのが個人的な経験から言えます。

併記されている配送料も別途かかる点に注意しましょう。1円の本でも配送料が追加されます。また、配送無料やAmazon Prime対象で送料がかからない商品もあるので、商品の説明詳細をしっかり読みましょう。

まとめ

蔵書された古書

新品の本が完璧な状態とするなら、中古本はいかに妥協点を見い出せるかです。もちろんAmazonには「ほぼ新品」のような中古本もありますが、そうでない場合は本の状態と値段の折り合いをつけるほかありません。

そのための判断軸が上記で紹介した本の「状態区分」「コンディション説明」「販売元のレビュー・評価」「値段」です。これらをしっかり確認すれば後悔することはないでしょう。

また多少の汚れなどがある場合も、自分で除菌ペーパーなどを使ってある程度綺麗にすることはできます

Amazonの中古本にも目を向けて読書の可能性を広げてみてはいかがでしょう。

それでは楽しい読書ライフを!

<<こちらも読まれています>>

関連記事

あなたがAmazonユーザーや読書家なら、200万冊もの本を読み放題のサービスKindle Unlimitedについて気になっていませんでしたか? 「Kindle Unlimitedはお得なのか」「元は取れるのか」「使い勝手はどうなの[…]

Kindle Unlimited 完全ガイド
関連記事

村上春樹の幻の中編小説「街と、その不確かな壁」の存在は知っているでしょうか。今では入手困難な「街と、その不確かな壁」を手軽に入手して読む方法を解説していきます。 「街と、その不確かな壁」について 「街と、その不確かな壁」は『文學界』19[…]

街と、その不確かな壁『文學界』1980年9月号
関連記事

村上春樹作品の長編小説しか読んだことはない方はもちろん、短編集もほとんど読んでいる方でも、見逃している作品があるのではないでしょうか。 村上春樹の公式に公開されている短編小説は現時点で約100を数えますが、そのほとんどは短編集という形[…]

村上春樹全作品 短編集限定小説

【関連記事】

関連記事

「読書に馴染みがない人にもオススメの」「絶対に読むべき」必読のビジネス書をテーマに、1位から30位までのビジネス書ランキングを紹介します。今話題の起業家の著作や長く読み継がれる名作まで幅広く網羅する一方で、あまり知られていない隠れた名著もラ[…]

ビジネス書 ランキング
関連記事

自分の成長や問題解決を目的に読まれる自己啓発本ですが、近年ではビジネスパーソンのみならず学生やシニア層まで幅広く読書の対象になっています。ここでは必読のベストセラーから新定番のタイトルまで、おすすめの自己啓発本を15冊ランキング形式で発表し[…]

歴代自己啓発本ランキング
関連記事

日本でも江戸時代などで教科書的な存在だった孔子の『論語』は、世界的にも類を見ないほどの古典ん的名著です。2000年以上も前に誕生した『論語』ですが、現代まで長期に渡って読まれ続けるには理由があります。 激動とも言える変化の時代において[…]

論語 (岩波文庫)