『神・時間術』で、朝と夜のゴールデンタイムを手に入れよう

神・時間術

1日の時間、あなたは上手く使えてますか?

誰しも平等に与えられた1日24時間。しかしその平等で限られた時間の中で、とんでもないスピードで成長する人や、圧倒的な成果を出す人がいます。

一方で、「自分もこのままじゃいけない」「だらだら過ごしてしまう自分を変えたい」などと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回紹介するのが、精神科医で作家の樺沢紫苑の『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』という本です (ここでは『神・時間術』と呼ばせて頂きます)。この本、何がすごいかというと、圧倒的な成果をあげている人自身が、時間術について書いているという点です。

例えば樺沢さんは以下のスケジュールを7年間続けているといいます。

・年3冊の本を出版
・メルマガ、YouTube、Facebook、ブログを毎日更新
・月6回の病院診療
・月20冊以上の読書と書評を公開
・月2、3回のセミナー
しかも、それ以外の時間の使い方もすごく充実していることがわかるのがこちらです。
・週4、5回のジム通い。週2本の映画鑑賞
・月15回以上の夜の会食
・年100種類以上のウイスキーのテイスティング
・年30日以上の海外旅行
かと言って、睡眠時間を削っているわけでもなく、毎日7時間以上は必ず寝ているといいます。
信じられるでしょうか?その半分、いやそれどころか1/10にも満たない…と思ってしまった方。大丈夫です。時間はたしかに1日24時間誰もが平等ですが、時間帯によってその性質は大きく異なります。
そんな時間の特徴を学びながら、最適な時間の使い方を覚えれば、生活がガラッと改善され、自分の成果も向上することでしょう。

精神科医という職業だけでも多忙を極める本書の著者、樺沢紫苑さんは病院診療だけでなく、作家活動やYouTube、ブログ、講演会など多様な分野で活躍されています。さらに仕事だけでなく、プライベートの充実度も圧倒的で、本当に1人の人間の活動量か疑いたくなるほどです。その公私ともに圧倒的成果を残せているのは、「神・時間術」によるものなのです。

朝・昼・夜の各時間帯では、人間の集中力は異なります。そんな時間の性質を上手く使って、生産性を最大化できるようなコツがいくつも紹介されています。科学的根拠に基づいて紹介されているだけではなく、著者本人の経験にも基づく時間術なので、説得力も段違いです。質の高い時間の作り方から、時間の使い方まで、時間術についてはこれ一冊で十分に学べます。

朝のゴールデンタイム

本書『神・時間術』では、本当に多くのコツやアドバイスが書かれていますが、ここでは大きく分けて2つのポイントを紹介します。それは朝と夜についての時間術です。

まず僕たちが最も高い集中力を持っているのはいつでしょう。それは朝の起床後2時間だといいます。樺沢さんはそれを「脳のゴールデンタイム」と呼び、朝起きたときの脳の状態を以下のようにあらわしています。

夢によって、「前日の出来事」の記憶が整理整頓され、朝起きた直後の脳は、「片づけられて何も載っていないまっさらな机」のような状態になります。

本を読む、文章を書く、仕事をする、そんな活動の生産性が何倍にもなるのが朝の起床後2時間です。この2時間を毎日確保して、継続的に自分のための時間を使うことができれば、半年後、1年後、自分の意識やスキルレベルは大きく変わっていることでしょう。

かといって、朝って眠いし、調子でないし、辛いんだよな〜と思っている人もたくさんいるはずです。そこで朝に活動的になれるコツを2つ本書から紹介しましょう。僕はこれを今年の初めから実行していて、まだ1ヶ月弱ですが、毎日以前より2時間も早く起きて読書やブログを書いています。

カーテンを開けて寝る

カーテンって閉めて寝るためのものですよね?しかし、本書では開けて寝ることを推奨しています。なぜか。それは朝日が昇ると同時に、日光を浴びるためなのです。

日光を浴びることは大事というのは聞いたことがあるかもしれません。それは本当で、体内時計がリセットされたり、セロトニンという脳内物質が活性化するからです。

「気分が悪い」「起きたくない」「もっと寝ていたい」誰もが感じる朝のネガティブな思いを、セロトニンが和らげてくれるのです。朝はできるだけ日光を浴びることを意識しましょう。

朝シャワーをする

少しベタかもしれませんが、5分でもいいので、朝シャワーを浴びてしましょう。

夜の神経である「副交感神経」から、昼の神経である「交感神経」に切り替わる

というメカニズムのようですが、そんな時間ないよ、と思う人もいるかもしれません。ですが考えてみてください。たった5分で朝のゴールデンタイムが2時間も手に入るならいいと思いませんか?

夜の時間術

夜は一番疲れている時間帯ですね。そんな夜でも意識すべき時間術があるのです。朝と同様、夜も2つのポイントを紹介していきたいと思います。

運動をして集中力をリセット

午後の疲れてきた時間に有酸素運動を1時間もすると、脳がものすごくさわやかな状態になります。自分の実感で言うと、「朝起きたときと同じ状態」の集中力にまで回復したように感じます。

上記のように、夜でも集中力の高い「ゴールデンタイム」のような時間が手に入ると言うのです。その方法は、運動による集中力のリセットです。ジムに行くでも、YouTubeで運動系の動画を探すでもなんでもいいと思います。1時間が難しいという人も30分、いやはじめは10分でも体を動かすことで爽やかん気分になれるはずです。

ただし、寝る前3時間くらいは、運動の時間が重ならないようにしましょう。寝る前はいかにリラックスができるかが次の日のキーポイントでもあるからです。

寝る前はリラックス

寝る直前まで時間がもったいないから、仕事や何か趣味に没頭してしまう、というのはありがちだと思います。しかし、寝る2時間前というのは、睡眠の質、ひいては次の日の朝に大きく影響を及ぼす大事な時間帯です。

あなたが「仕事をする」のと同じくらいに、夜に「休む」「リラックスする」ということが重要なのです。

夜に無理して何かをしても能率は上がらない上に、次の朝に影響が出て、結果負のスパイラルに陥ってしまいかねません。

テレビやYoutubeなどの情報過多なものは避け、読書などより静かに集中できる過ごし方を選びましょう。

自己投資

最後に、自由時間の使い方についてです。時間ができると、残業も含めてついつい仕事をしたり、もしくはテレビなど受動的な娯楽にその時間を費やしてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、自由時間は自己投資のために使うべきだと本書ではいいます。

自由時間を自分のスキルアップに自己投資するだけで、自己成長と時間創出のポジティブ・スパイラルに突入するのです。

例えば、著者の作家としての活動に注目してみましょう。1日の文章執筆時間は平均で4時間ほどだといいます。これを仮に2倍のスピードで書けるようになったらどうなるでしょう。1日で半分の時間、つまり2時間浮くということになりますね。1年で730時間(=約30日間)の時間創出です。つまり1年を13ヶ月にできるという考え方もできますよね。

自由時間ができたら自らのスキルアップのために時間を投資→仕事の効率アップでさらに時間が生まれる→さらなる自己投資が可能になる。

このようなポジティブ・スパイラルを目指しましょう。

明日からはじめよう!

『神・時間術』から学ぶべき、明日からはじめられる行動内容は、

カーテンを開けて寝る

です。早起きが苦手という人も一度試してみる価値があると思います。朝日が昇ったと同時に、まぶた越しに日光を感じ、目が覚めたら2度寝してしまわないように、無理やり5分だけ目を開いておきましょう。朝のゴールデンタイムの2時間に向けて、目覚めることが、「神・時間術」の第一歩です。

やはり自分を変えるポイントは「朝」からです!

他にも学べること

□午後のリセット術

□寝る前15分活用術

□並行仕事術

etc.

自分の生活や時間の使い方を改めたいなと思っている人は、とにかくまずこの『神・時間術』をおすすめです!簡単に読めて簡単に実行に移せるのがポイントです。朝・昼・夜・休日などセクションごとに仕事術がのっているので、自分が弱いなと思っている時間帯だけでも読んでみるといいかもしれません!