【書評&要約】僕らが毎日やっている最強の読み方

僕らが毎日やっている最強の読み方

『僕らが毎日やっている最強の読み方』 池上彰/佐藤優

必読度: ★★★★☆
読みやすさ: ★★★★★
専門性: ★★☆☆☆
汎用性: ★★★★☆
自己投資度: ★★★★★

*必読度(今読むべきか、今後も長く活かせるか)/読みやすさ(内容のわかりやすさ、読みやすさ)/専門性(ある分野での深い知識を扱っているか)/汎用性(さまざまな領域に応用可能か)/自己投資度(今すぐ役立つかはわからないが、将来的に重宝する可能性)

【本書の内容】

【遂に出た! 2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に! 】
【「こんな本が欲しかった!」 「私でもできる! 」と絶賛の声、続々! 2人の「最強の読み方」があなたのものに! 】
【売れ行きが止まらない! 早くも14万部突破!いま一番売れている 「読み方」「学び方」「教養」に役立つ本です! 】

★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?
★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?
★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?
★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?
■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)
■「研究室」「仕事場」「本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?
そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?

みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

《本書の5大特色》
【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に
■これだけ読めば、全ノウハウがわかる

【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説
■今日からできる! これなら続けられる! 「超実践的な技法」を紹介

【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る
■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない

【4】とにかく内容が具体的–「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介
■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に

【5】2人の仕事グッズも完全公開! 見るだけで参考になる!
■「巻末カラー」16ページ! 「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!

「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!
2人の「共通点」と「違い」が面白い!

この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!

(Amazon.jp本書ページより)

見出し

『僕らが毎日やっている最強の読み方』は新聞や本などの情報を正しく読み取りたいと思うビジネスパーソンや学生には必読レベルの一冊です。本書は書籍や新聞、雑誌さらにはネットの情報を正しく読み解き、知識と教養を身につけるための極意が、あの「知の巨人」ともよべる二人池上彰さんと佐藤優さんによって語られています。

これらは学校などでは決して教えられることのないスキルです。これはあらゆる情報源に使える読み方であり、今後も一生使える力となるでしょう。池上さんと佐藤さんの対談形式で構成されているので、とても読みやすい口調で話が進んでいきます。

説明不要かと思いますが、池上彰さんはNHKで記者やキャスターなどを務めたのちにフリージャーナリストとして活躍。複数の大学で教鞭を取る一方で、テレビ番組などでも教養を教えるまさに「国民の先生」のような方です。また、佐藤優さんは元外務省主任分析官であり、現在ではものすごいペースで著作活動をこなす作家として知られています。2002年に逮捕された経験をもとに書かれた『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて―』は有名です。現代の「知の巨人」としての称号にふさわしいのは佐藤優だ、と池上さんは述べます。

そんな池上彰さんは月に18、佐藤優さんは月に90もの締め切りを抱えているといいます。そんなにも多くの成果を残せるのは、膨大な量のインプットがあってこそです。佐藤さんは月に平均で300冊もの書籍を読みこなすそうです。しかし二人が実践しているインプット方法に特別なものはなく、誰にでも真似できるものだと強調しています。

現代の情報の海に溺れないために、正しく情報を読み取る目を養うことが重要です。世の中で起きていることを読み解くにも、仕事で成果を挙げるにも、すべてのベースとなるのはあなたがインプットした情報です。情報をいかに厳選し、どのように使える知識に変えていくか。具体的な書籍名や新聞や雑誌、ニュースサイトの情報源を紹介してくれるという点だけでも、本書は読者にとってはとても貴重で有益な一冊だといえます。

あふれる情報の海に溺れることなく泳いでいくためには一定量の知識が必要ですし、その知識量に裏打ちされた判断力によって目的地を間違えることなく泳ぎきることができるはずです。

池上さんは基礎知識と情報の選別の重要性をこのように語ります。ではどのように基礎知識を身につければよいか、どのように情報を読めばよいかというのを本書を参考に以下にまとめました!二人が推奨する教科書と学習参考書での教養習得術と、池上さんの読書術に焦点を当てました。ぜひ参考までに覗いていってください!

関連記事

ここでは『僕らが毎日やっている最強の読み方』という書籍をもとに、池上彰さんの本の読み方を解説していきます。 池上彰さんといえば、今や誰もが知るジャーナリストであり、作家、教育者などさまざまな顔を持ち合わせた方です。どのような難解なニュ[…]

池上彰の本の読み方
関連記事

ここでは最も簡単かつ効果的に教養を身につける方法として、中学・高校レベルの教科書や学習参考書での勉強方法とオススメ書籍を紹介していきます。これは日本の「知の巨人」ともいえる池上彰さんと佐藤優さんの共著『僕らが毎日やっている最強の読み方』を参[…]

教科書と参考書で学ぶ教養

また佐藤優さんの読書術については『読書の技法』でこれでもかというくらい語られており、これも要点をまとめました。

関連記事

現代の知の巨人である佐藤優さんの『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』 に、効果的な本の読み方を学んでいきたいと思います。 本書では佐藤優さんが実践している、たった5分の超速読から、効率的な速読、さらには本[…]

『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』佐藤優

これを知っているのと知らないのとでは、今後のインプットに量でも質でも大きな差が生まれることは間違いありません。