【書評&要約】転職の思考法

転職の思考法

『転職の思考法』 北野唯我

必読度: ★★★☆☆
読みやすさ: ★★★★☆
専門性: ★★★☆☆
汎用性: ★★★★☆
自己投資度: ★★★★☆

*必読度(今読むべきか、今後も長く活かせるか)/読みやすさ(内容のわかりやすさ、読みやすさ)/専門性(ある分野での深い知識を扱っているか)/汎用性(さまざまな領域に応用可能か)/自己投資度(今すぐ役立つかはわからないが、将来的に重宝する可能性)

【本書の内容】

「with/afterコロナ」時代にも役立つベストセラー、20万部突破! ! 「転職する前に読みたかった」「大切な人に推薦したい」など反響の声、続々!
一生食えて、心から納得のいく仕事が見つかる、転職論の決定版。あらゆる不安やモヤモヤが、ストーリー形式で一挙に解決!
◆本書で解決する「悩み」→会社を辞めるべきタイミングがわからない「/年収は下がるけど、魅力的な会社」への転職はあり?/自分の市場価値をどう測るか、そしてどう高めるか「/中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」をどう見極めるか「?/本当にやりたいこと」がいつまでたっても見つからないがどうすればいいのか……etc

◆読者の声
・「もし可能ならば『キャリアがスタートするタイミング』において全ての人にこの本を手に取ってほしい。この本で説明されている内容を理解しているか否かで人生が180度変わる事だってあり得ると思うから」(20代男性・学生)
・「企業という組織の体勢、出世構造、マーケットバリューのつくりかた。1つ1つが構造化されて、文系脳でも手に取るように分かりやすく説明されています。転職した人も、これから社会に出る若者にも読んでほしい」(20代女性・メーカー)
・「小説形式だからとても読みやすかったです!
『上司ではなくマーケットを見て働く』という部分、まさに! と思いました」(30代女性・3児の母として専業主婦→HRベンチャー)※発売前モニター調査より

◆転職に必要なのは、情報ではなく思考法である
もはや終身雇用が完全に崩壊した日本。しかし、「転職」がタブー視される風潮の中で、誰にもノウハウを聞けずにさまよう「転職難民」が今、たくさん生まれています。多くの人が「とりあえず」と転職エージェントに登録し、次から次へと企業を紹介され、情報の海におぼれてしまう例が跡を絶ちません。いま本当に必要なのは、情報ではなくその情報を判断するための「思考の軸」なのだ、というのが本書のコンセプトです。
◆転職できなきゃ、自由になれない
仕事でダメな上司に付き合わないといけない、価値のない商品を嫌々営業しないといけない、予期せぬ異動や転勤に振り回される……仕事の悩みのほとんどは、「転職する確信がない」ことから生まれます。本書は、「一生食えて、心から納得のいく仕事を見つける方法」を伝授することで、すべての読者が「本当の意味で自由に働ける状態」をつくり出すための一冊です。

◆「人生を左右するほど大切だけど、誰にも聞けないこと」、教えます
【中途で入社する際の3つの「落とし穴」】

・役員が新卒社員出身で占められている
→そもそも中途が活躍できる文化がない

・自分の職種が会社の強みと一致していない
→会社の「強み」となる部署以外で入社しても裁量権を得にくい

・人材に依存せずに回るビジネスモデルである
→転職しても自身の市場価値は高まらないケースが多い

【転職エージェントの使い方】

・面接後どこがよかったかだけではなく「よくなかったところ」も聞け
→本当に優れたエージェントならフィードバックをくれる

・エージェントが強く薦める会社には気をつけろ
→単に「採用基準の低い会社」にすぎない可能性がある

・転職エージェントからの案件だけで転職を決めてはいけない
→エージェント経由の求人は全体のごく一部にすぎない……etc

(Amazon.jp本書ページより)

今や当たり前な「転職」という選択肢

北野唯我さんの『転職の思考法』は、転職という特定されたテーマを取り扱っていながらも、社会人になったら誰でも知っておくべきキャリアプランの知識が詰め込まれたビジネス書です。転職は今や誰もが経験する可能性のある、ごく当たり前なキャリアの選択肢です。

本書はストーリー形式で読みやすく、ありふれた30歳のビジネスパーソンが主人公なので身近に感じやすい印象です。自分の価値を知りその価値を高める方法というのは、転職を今すぐ考えている人でなくても役立つ汎用的な知識です。

もちろん実際に転職時に役立つ「転職先となる具体的な会社の選び方」「いいベンチャーを見極めるポイント」「新卒で入るべき会社と、中途で入るべき会社」「いい転職エージェントの選び方」などの具体的なアドバイスも紹介されています。

『転職の思考法』はあの佐藤優さんに「転職に関するイメージを根本から変える画期的な作品」だと言わしめる一冊です。

著者の北野唯我さんは博報堂、ボストンコンサルティンググループを経て、人材ポータルサイトを運営するワンキャリアの取締役を務めています。転職などの人材のプロとして同サイトの編集長も兼任しています。そんな北野さんは本書の翌年2019年に出版した『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』が「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」に選ばれたことでも知られています。

すべての働く人がいつでも転職できるだけの「市場価値」を持てたとしたら、あなたの生き方すらも変わる可能性があるからです。

「いつでも転職できる状態」をつくることの重要性を北野さんはそのように説きます。「転職できる状態」というのは自分のマーケットバリューを理解し、高めることです。自分の会社の中での価値だけを考えていては、他の場所ではその価値をじゅうぶんに発揮することはできません。もっと広い世の中の市場から見た「技術資産」「人的資産」「業界の生産性」に着目する必要があります。これについては以下に詳しくまとめました。↓↓

関連記事

「このまま今の会社にいていいのか?」 社会人なら一度はそんな思いを抱いたことはありませんか?実際に転職するかしないかは別にして、一つの選択肢として転職についてしっかり考えておくことは誰にとっても有益です。 一時代前のような終身雇[…]

転職のマーケットバリュー

また、自分に合った業界・会社を見つけ、自分に最適な仕事をして生きていくためのヒントも散りばめられています。個人的に衝撃を受けたのが、ほとんどの人は「心の底からやりたいこと」なんてなくてOKという考えです。つい理想の仕事は自分の好きなことややりたいことであるべきだ、と考えがちですが、そうでない人がほとんどで、そういう人をbeing型と分類します。そんなbeing型はどのように最適な仕事・会社を選べばいいかというのが、こちらにまとめた通りです。↓↓

関連記事

理想の仕事につくためには「好きなこと」や「やりたいこと」を見つけなければならない。 そう考えていませんか? たしかに、仕事を選ぶ、ひいては何をして生きていくかは誰もが答えを求める命題だと思います。「これに一生を捧げるんだ」という[…]

Being型のススメ

以上が北野唯我さんの『転職の思考法』の要約と書評でした。読むべきかどうかの参考になれば嬉しいです。