池上彰・佐藤優はいかにインプットをしているのか

池上彰・佐藤優はいかにインプットをしているのか

『僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』 

池上彰・佐藤優

 

この本では池上彰さん、佐藤優さんの二人が「知識と教養」を身につけるために勧めるコツや、各情報媒体に対する考えが述べられています。

この池上さん、佐藤さんの二人の組み合わせというのは『大世界史』(文春新書)でもありましたが、考えや文章自体も非常にわかりやすく、同書を読んで以来各々の著書には注目していました。

ぼくの最近の課題でもある「質の良いインプットをいかに効率良くやるか」ということに大いに役立ってくれました。

>> 情報収集・インプットから始めよう

その中でも注目すべき点を三つほど挙げさせてもらいます。

 

 

1. 新聞と書籍、ネットの住み分け

池上さん

まず新聞で日々のニュース全体を捉え、ニュースで気になるテーマがあれば、書籍で深掘りしていく。

佐藤さん

世の中で起きていることを「知る」には新聞がベースになり、世の中で起きていることを「理解する」には書籍がベースになります。

 

つまり新聞をざざっと幅広く、頭に引っ掛けるような感じで斜め読みし、興味を持ったテーマの書籍を何冊もまとめて読むのが理想的です。

同テーマを固め読みすることの効率の良さは個人的にも実感していて、一冊ごとに理解度が上がるので読むペースが上がり、内容が重複していないポイントを読んでいきます。

また新聞も重要なテーマや事件は毎日のように取り上げ、時系列的に繋がっていきます。なので途中からそのテーマに入ると少し理解するのに時間がかかる場合があります。それこそ書籍を通して理解しなければいけないこともありますが、一度基礎知識を身につけ毎回そのテーマを追っていけばその後の理解は全く違ったものになるでしょう。

また雑誌の扱いについては、あるテーマに興味を持つツールとして利用するのがいいでしょう。情報が一般的な書籍よりも早いというのが雑誌の強みでもあるので、やはり雑誌で興味を持ち、深く掘り下げるなら書籍ということになるでしょう。

ではネットでの情報収集はどうなのか。無料で速報性でも負けません。

しかしネットは効率が悪いと両氏は言います。新聞や書籍はしっかりと編集、校正がされているので情報の質は高いことは言うまでもありません。一方で

簡単そうにみえて、ノイズが多い分見極め必要になるから上級者向けのツールが以外にもネットなのです。

ぼくとしてはネットの情報なしというのは少し現実離れしているようにも思えますが、自分がコントロールできる範囲で利用する分には問題ないでしょう。例えば、何か思い出せないものやうろ覚えの情報を引き出す役割ならOK。しかしネットの情報で何かを学ぼうとすると、その情報がどれほど信用できるものかという判断ができないので危険です。

また一概にネットといっても、信用性が低いキュレーションサイトのようなものから著名人が責任を持ったサイト、ニュースや新聞などのサイトなど幅広い情報源が存在します。

どのサイトはどういう傾向がある、みたいなことは本書に細かく書いてあるので気になる人は参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

2. アメリカ外交がわかれば国際情勢の8割がわかる

急にテーマレベルが具体的になってしまいましたが、世の中の動きを追うにはビジネス関連の情報だけでは足りないと感じていて、政治、経済、外交などの分野でもしっかり今時代についていかなければいけないと危機感を持っています。

この

アメリカ外交がわかれば国際情勢の8割がわかる

という佐藤さんの言葉を見て、まずはここからだと思いました。ほかにも同じようなことを言ってた人(佐藤さんの別の本かもしれませんが、このような時に既読の本から情報をすぐに持ってこれないようではまだまだだということですね)がいたことを思い出し、アメリカの動きを特に注視していこうと決めました。

トランプ大統領が就任してからもうすぐ丸々一年が経とうとしています。当時の大統領選のときにも全く関心がなかったわけではありませんが、「まあどっちにしても自分に影響は、、、」くらいに考えていました。

当時ぼくはニュースや目の前の物事に関して「自分の頭で考える」ということはほとんどなかったので、クリントンとトランプでは世界の流れが全く違ったということにすら考えが及ばなかったのです。

なにはともわれ今こうして関心が持てているわけなので良しとして、これからまだまだ超大国であるアメリカの動きを注視してきましょう。

 

 

3. インプットどうするかしてどうするか

とりあえず新聞や書籍を読み流して、というだけでは意味はないことはないのかもしれませんが、非常に勿体ない。

何かを考える際、情報を引っ張り出さなければいけないときにすぐに「そういえばああいうことをあの人が言ってたな、たしかあのへんの新聞のコラムだな」くらいは思い出せるように、情報を保存しておくと良いでしょう。

佐藤さんの保存術はいいなと思いました。

エバーノートを使って、紙の新聞などの書類系はスキャンしてエバーノートへ放り込んでおきます。またパソコンやスマホで得た情報はせめてコピペしてエバーノートへ保存しておきましょう。拡張機能を使えばワンクリックでそのページを保存することもできますが、実際に少しでも手を動かして情報に触れる時間を長くすれば、頭に残りやすいからです。

ここで情報を保存するときに注意点が二つあります。

一つはその情報は果たして保存するに値するものなのだろうか、ということを吟味します。不要な情報まで保存していてはキリがありません。

二つ目は保存する前にしっかり読んで噛み砕いたかということを確認しましょう。保存するだけで満足して、「とりあえず保存したんだからいつでも読めるな」となってしまっては元も子もありません。目的は保存することではなく、その情報を使うことなのです。

このインプットからアウトプットへの重要性は佐藤さんの『読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門』や宇都出 雅巳さんの『サクッと読めてアウトプット力を高める 集中読書術』でも主張されている通りです。

 

 

まとめ

– 新聞で世の中の大まかな流れを「知り」、書籍で深掘りし「理解する」

– ネットは上級者向けのツール

– 国際情勢を理解するにはとりあえずアメリカの動きを追っておけばいい

– インプットした情報をいつでも取り出せるような保存をしよう

 

 

最後に

これからは本に限らずニュースや雑誌、人とのコミュニケーション問わず有効活用して、理想的なインプットの形を形成しつつ、少しずつインプットしたものをこのブログで何らかの形にして吐き出していきたいと思います。

また池上さん、佐藤さんともに非常にわかりやすい水先案内人のような役割をしてくれているので、多様なジャンルでの二人が勧める書籍もどんどん読んでいこうと思います。

 

 

それでは明日からも楽しく行こう!!