10年後の仕事図鑑: レビュー

10年後の仕事図鑑: レビュー

『10年後の仕事図鑑』 堀江貴文×落合陽一

本日の一冊は夢の共演によって生まれた著書『10年後の仕事図鑑』のレビューを書きたいと思います。
この激変する世界で自らを絶えずアップデートし、最もうまく最適化している2人、落合陽一とホリエモンこと堀江貴文。2人とも本書で述べていることは以前から少しもブレることなく、これまでの著書を読んで入れば理解することも簡単でした。

『10年後の仕事図鑑』というタイトルのように、AI関連のテクノロジーの発展が騒がれる最近ですが、そんな技術等が今後の仕事にどのような影響を及ぼすのかが具体的に描かれています。

しかし本書のミソは、あの職業は機械に奪われてなくなってしまうだとか、今ある当たり前の形が変わってしまうだとか、そのような個別な仕事の未来予想ではありません。

そのようなミクロな視点よりは「働くとは」、「仕事とは」というようなもう少し根本のことを考えさせられる内容です。

好きを仕事に、趣味からはじめる、お金になるかはまだ考えない、ピュアにやれ、そういうメッセージがズバズバ胸に響く2人の言葉たちがそこにはあります。この本を読んで、ぼく自身も変わらなければと思い、少々休んでいたブログを再開しました。

信じられないが、好きなことで生きていける

本書での注目点でもあり、ここ数年落合さんと堀江さんが一貫して言ってることは、これからは好きなことして生きていくのが合理的だよね、ということ。

AIに代替されていく今後、価値のある人とはどんな人か。
それは代替不可能な価値を持っている人だ
と堀江さんは言います。
面白いのはその代替不可能な価値のつくり方です。

・好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす
・好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す

まず2つ目の 好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す、という方を簡単に。
1つのことで100万人の一番になることは難しいので、3つのことで100人で一番になってそれを掛け合わせることで100万分の1の人間になろうというものです。詳しい説明は藤原和博さんの著書『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』に譲ります。堀江さんの『多動力』も参考になるでしょう。

そして特に本書でのポイントはこの1つ目の 好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす、という方です。
仕事は辛くて当たり前で楽しいなんて発想は生まれっこないと思ってませんか?仕事をする理由ってちゃんと考えたことがありますか?
大体の人はお金を稼ぐためだと言うでしょう。
しかし堀江さんも落合さんも好きなことを仕事にするべきだと言います。

なんで「好き」は仕事になるのか、どうやって「好き」を見つけるか

ではなぜ好きを仕事にすべきか
そこが機械に勝てるポイントなのです。

今のところ、統計処理からもたらされる最適化プロセスには「これがやりたい」という動機がない。ゴールを与えれば人間には太刀打ちできないスピードと精度でそれを処理するのに、いつも指示待ちなのが残念なところだ。

と落合さんは言います。

つまり将棋のようなゲームの枠組みの中で処理する能力はずば抜けているが、なぜそれをするのかといったモチベーションを考えられない。問題解決には力を貸せるが、問題発見に対する動機を持ち得ない(今のところは)ということです。

だからこそ落合さんはこうも言っています。

「今、何したい?」と言われたら、小さいことも含めて10個くらい挙げられるといい。そして、すぐに実行に移せるといい。

自分について常に考え、「好き」や「やりたい」を知ってる人はこれから強いなあ、と本当に思います。

今日の夕食から考えよう

未来が不安な若者には、「仕事になる趣味を3つ持て」と伝えたい。

堀江さんも「遊べ」とよく言うが、好きを突き詰めれば仕事になる可能性はじゅうぶんにある。
まずは仕事になるか否かを考えずに(そんなこと考えてもそのときになるまでわからないから)まずは行動をということですね。
なにからやっていいのかわからない人もいますよね。
そこでまずは夕食から考えようと落合さんは言います。冗談で言っているわけではありません。なんとなく、ではなく「自ら考えて選ぶ」というところから意識を変えてみませんか?

最後に

ここ数年、堀江さんや落合さんは特に面白い情報発信者で、この2人の著書は今後の生き方を考える上で必読書だと言えます。堀江さんはバンバン本を出すし、最近は落合さんの『デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂』が発売されたばかりですね(解読にかなりの時間と覚悟が必要と噂ですが)。

本書をはじめ堀江さんや落合さんの本を読むと、特に自分にまだ未来を考えるだけの力がないなという人が読めば、結構世界が変わっていくと思います。もちろんそこで自分の意見を持つことも同じくらい重要ですが。

自分の職業は機械に取って替わらないかなあという心配はあまり意味がないのかなあと思います。それよりも自分はなにが好きなのか、どうやって生きていきたいのかという自分との向き合い方を考えていくべきでしょう。

それではまた次の本で!