今からでも遅くない。NewsPicksを購読すべき3つの理由

今からでも遅くない。NewsPicksを購読すべき3つの理由

 

いまさら??という声が飛んできそうですが、NewsPicksを購読しました。とりあえずの購読でしたが、解約はしません!こんなにおもしろいのに!

 

 

情報収集・インプットから始めよう」でも紹介した、これからの時代を生き抜く上で必須の武器「情報収集」「インプット」。いかに質の高いインプットを効率的にするか、理想のインプットの形を模索している過程で出会ったこのNewsPick。

そのNewsPicks、おもしろすぎです。コンテンツの質の割に安すぎます。

知ってる方も多いかもしれないですが、数あるWebメディアの中でも最もホットで、これは情報収集の軸のひとつとしたいほど良いなと思ったので、NewsPicksを購読すべき理由とともに紹介します。

 

 

きっかけ

最近はめっぽう読書での情報収集に力を入れてきましたが、同時に新聞やネットでの情報収集も習慣にしようと毎日目を通してきました。

そしてあるきっかけが重なり、NewsPicksを購読するに至りました。

ここ数年でますます注目度をあげていてビジネス界においても再度存在感を際立たせているホリエモンこと堀江貴文さんの個人キュレーションサイトホリエモンドットコムを見ていました。ホリエモンドットコムは何が面白いかというとニュースやトレンドに対して、堀江さんのコメントが見られるという点です。

ホリエモンドットコムでは書くニュースの記事を外部メディアから引っ張ってくるという形になっていて、どうやらその記事の元はNewsPicksらしい、コメントを書いている大元もそのNewsPicks(NewsPicksもオリジナル記事以外はそのような形をとっている)らしいということがわかりました。この段階では「ふーん」くらいでした。

 

次がNewsPicks自体に興味を持った本当のきっかけです。

フリーライターの中川 淳一郎さんの著書『ネットは基本、クソメディア』の中で、質の低いキュレーションサイトをはじめネットのコンテンツはまだまだだという話がある一方、ウェブメディアの有料購読サービスでも黒字化しているメディアがあることを知りました。それがNewsPicksだったのです。

この本自体もこれからのウェブメディアを考える上でとても参考になったので、気になる方はどうぞ。

 

 

ぼくは、ネットの情報も気をつけて見さえすれば悪質な情報には引っかからないし、なにより無料かつ便利だと考えていました。お金を払ってまで見たいコンテンツとはどのようなものなのだろうと気になってNewsPicksを見てみるに至りました。

そこでNewsPicksの紹介ページを見ると、購読を即決してしまったのです。

 

実際に購読して毎日目を通してますが、有料会員になる価値が十分にあると判断した理由が3つあります。

 

 

1. 時間の節約ができる

ウェブ上で情報収集をしようとすると、無料だし簡単そうに思えますが、実はすごく難しいし時間がかかってしまいます。取りに行く情報がピンポイントで明確な場合のとりあえずの調べ物ならウェブは最適かもしれませんが、さらにその中でも質を求めると時間はさらにかかってしまいます。

しかしNewsPicksではビジネスの最前線から経済、国際情勢まで幅広い分野において、良質な情報が体系的にまとまっていて、情報を一から探す手間が省けます。この手間、積もりに積もるとバカにできません。たったの月1,500円で替えのきかない「時間」を買っているのだと思えば安い投資です。

新聞社やその他のニュースメディアも情報源としての質はある程度担保されていますが、ただ単にニュースやトレンドのみを追ったメディアとは一線を画しています。

 

 

2. オリジナリティ溢れる記事が読める

他メディアとの決定的な差はやはりオリジナルコンテンツです。

ロイター、ダイヤモンド・オンライン、現代ビジネス、CNET Japan、ギズモード、ライフハッカーなど60以上ものニュースソースをワンストップで閲覧できることも魅力ですが、とにかくオリジナリティ溢れる記事が面白いし、内容の濃いコンテンツばっかりです。

 

インスタエコノミー

Instagramをビジネス的な観点でシリーズ化した「インスタ・エコノミー」はまさに時代の流れを掴んでいると言っていいでしょう。2017年の流行語に「インスタ映え」が選ばれるほど流行となりました。エンドユーザーとして親しみ深い人も多いもしれませんが、インスタによって影響を受ける経済を考える上で非常に有益なコンテンツだったように思えます。

 

前田裕二

またトレンドを捉えた人選のインタビューも特に目を引きます。2017年でいうと西野亮廣さんや堀江貴文さん、さらにはDMM.com会長の亀山敬司さんとメタップス代表取締役の佐藤航陽さんの対談記事。個人的には前田裕二さんのノート術のインタビューもためになりました。

また今で言うと、著名人100人による今年2018の展望シリーズも記事化されています。

 

 

3. あの人の意見が聞ける

各記事に対してアカウントを持つ人がコメントできるという双方向型のメディアになっている点も特徴的です。先ほど、NewsPicksに出会ったきっかけとして紹介した堀江さんのコメントというのもこれです。

このような著名人はPro Pickerと呼ばれ、記事の主役になるだけでなく、様々な記事のコメントも書いてくれます。この機能を使って、多角的な意見を取り入れるもよし、自分の意見をアウトプットするのもよしです。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。実際に見てみないと実感は湧かないと思いますので、一部無料会員でもアクセス可能な記事はあるので、一度見てみてはいかがでしょう。

ぼくは日経新聞を4,000円ほどで購読していて、情報収集のひとつの軸にしていますが、よりトレンドの最前線に目を向けたい人はNewsPicksのほうがおすすめです。

何より、まとまった情報にお金を払う価値はあります。

また忘れてはいけないのが、情報収集を目的化しないことです。この情報をどう役立てていくのかが重要です。NewsPicksもいち手段に過ぎません。今すぐにこの情報を活かそうというのはなかなか難しいかもしれませんが、自分の頭の中に新しい情報・役立つ知識のインデックスをつくり、いつでも取り出せるという状況を作るのが理想です。アウトプットのためのインプットだということを意識しておくことが大切です。

 

 

NewsPicksはこちら>>https://newspicks.com/

 

 

 

それでは今日も有意義に、楽しくいきましょう!!