読書

1/2ページ

メモの魔力 名言集 -前田裕二100の言葉- #51~100

現在ツイッターで行なっている #メモ魔名言まつり。 メモの魔力 名言集『前田裕二100の言葉』の後半部分 #51~100をご紹介します! >>メモの魔力 名言集『前田裕二100の言葉』 #1~50はこちら!!<<     #51 街と対話して、考え、気づいたことを、よく立ち止まってはメモしています #メモ魔名言まつり #51 街と対話して、考え、気づいた […]

メモの魔力 名言集 -前田裕二100の言葉-

現在ツイッターで行なっている #メモ魔名言まつり。 爆発的ヒットを続けている前田裕二さんの『メモの魔力』の中から名言を100個選んでいこうじゃないかというキャンペーンです!   はじめたきっかけはこんな感じでした↓↓ 『メモの魔力』100万部販促キャンペーンとして前田さんが行なっていた30日連続での動画投稿、#メモ魔動画まつり。 最後の30日目の表題が「次はあなたの番です!」でした! [ […]

抽象化で世界を変えよう: 抽象化入門書の紹介

突然ですが、あなたは頭が良い人ってどんな人だと思いますか? 勉強ができる人でしょうか?計算が早い人でしょうか?論理的に頭を働かせることができる人でしょうか?     僕は、具体と抽象の違いをよく理解し、自由に行き来できる人だと思います。   そしてこの本はまさにその具体と抽象を理解する入門書であり、「抽象」の重要性に気づかせてくれる本です。   著者の細谷功さんは兼ねてからこの「抽象化がいかに重要 […]

やる気が続かなくて当たり前?モチベーション3.0の 正体とは

仕事でもプライベートでも「物事を継続させたいな」「もう一段階ギアあげたいな」と思ってる人にはぴったりの本がこの『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』(著: ダニエル・ピンク、訳: 大前研一)。   モチベーションと聞くと、仕事はなんのためにやってるかというとお金を稼ぐためだとか、じゃあなんでお金を稼ぐかというと生きるためだとかそんな答えをする人は多いと思います。   しか […]

WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. 佐渡島庸平: レビュー

『WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE. ~現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ~ 』 佐渡島庸平   コミュニティに関する本。大雑把に聞こえるかもしれませんが、テクノロジーによって激変する社会とともに、コミュニティのあり方も変わっていくことがわかる一冊です。 コミュニティに興味があって、とかコミュニティを作りたいからとかいう動機で読んだ本ではなく、きっかけは最近天才 […]

10年後の仕事図鑑: レビュー

『10年後の仕事図鑑』 堀江貴文×落合陽一 本日の一冊は夢の共演によって生まれた著書『10年後の仕事図鑑』のレビューを書きたいと思います。 この激変する世界で自らを絶えずアップデートし、最もうまく最適化している2人、落合陽一とホリエモンこと堀江貴文。2人とも本書で述べていることは以前から少しもブレることなく、これまでの著書を読んで入れば理解することも簡単でした。 『10年後の仕事図鑑』というタイト […]

池上彰・佐藤優はいかにインプットをしているのか

『僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』  池上彰・佐藤優   この本では池上彰さん、佐藤優さんの二人が「知識と教養」を身につけるために勧めるコツや、各情報媒体に対する考えが述べられています。 この池上さん、佐藤さんの二人の組み合わせというのは『大世界史』(文春新書)でもありましたが、考えや文章自体も非常にわかりやすく、同書を […]

自分の頭で「考えている」人と「考えていない」人

『考える練習帳』 細谷功   「考える」世界、「考えない」世界 あなたはどちらの世界に行きたいですか?   さて今回は、少しやばい本に出会ってしまったのでご紹介します。 最近は「自分の頭で考える」というテーマを軸に読書を進めていて、 その本の「特に使えるな」、「ためになるな」という部分を抽出してきました。 これまで読んだ全ての本について記事を書いているわけではありませんが、過去 […]

頭に中にアイデア工場を作ろう!

『アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編』 加藤昌治   前回丸腰で仕事してませんか?では考えるための武器『考具』を紹介しました。本書ではさらにアイデアについて、またはアイデアを作り上げるまでの過程をもっと深く取り上げています。 より具体的「もっと細かく具体的にプロがアイデアを生み出す過程が知りたいな」と思う人にはおすすめです。 序盤に加藤さんはこのように述べています。 &nb […]

丸腰で仕事してませんか?

『考具 ―考えるための道具、持っていますか?』 加藤昌治   考具というタイトルも気になり(「考える」系の言葉に敏感になっています)、なにより帯のこの言葉に惹かれました。 考えるための道具、持っていますか? 丸腰で、仕事はできない。 「考える」「頭を使う」ためのヒントがたくさん詰まっていると期待して読みましたが、本当に面白い、かつ実用的な内容ばかりでした。 著者の加藤さんは広告代理店出身 […]